本文へ移動

もしものときのために「人生会議(ACP)」

愛知県看護協会では、看護職として、地域の皆さまとともにACPに取組んでいます。


もしものときのために、あなたが望む医療やケアについて、前もって考え、繰り返し話し合い、共有する取り組みをアドバンス・ケア・プランニング(ACP)と呼びます。人は、誰でも、いつでも、命に関わる大きな病気をする可能性があります。命の危険が迫った状態になると約70%の方が、医療やケアなどを自分で決めたり、人に伝えたりすることができなくなると言われています。自らが希望する医療やケアを受けるために大切にしていることや望んでいることを自分自身で前もって考え、信頼する人たちと話し合い、共有することが大切です。
 
*「人生会議」とは、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の愛称です。

「ACP(人生会議) もしものときの話し合い」動画掲載ページ入口

ACP(人生会議)についての動画を掲載しております。
今後の活動に活かすため、視聴者の方についてお尋ねしています。
動画を視聴される方は、下記どちらかをクリックしてご視聴ください。
(下記リンクの動画は2つとも同じものです)


1
6
9
7
1
7
9
TOPへ戻る