本文へ移動

特定行為研修

愛知県看護協会 特定行為研修について

 愛知県看護協会は、高度複雑化が進む医療・介護現場において、症状の変化や行為実施の判断の基準となる実践的な理解力、思考力、判断力を発揮できる質の高い看護が提供できる人材を育成するため、高齢者や慢性疾患を抱える患者を対象とした特定行為研修を行います。
 これにより、特定行為研修修了者が医療安全に配慮しながら臨床実践能力を発揮し、チーム医療推進に向けて役割モデルを示し、地域における看護の質向上に寄与することを目指します。
 

特定行為研修の概要

1.特定行為研修の教育理念
 高度医療及び地域医療の現場において、特定行為を実践する看護師としての社会的責任と役割を自覚しながら、高い臨床推論力と病態判断力を発揮し、チーム医療のキーパーソンとして機能できる看護師を育成します。
 
2.特定行為研修の目標
 1)高度医療や地域医療の場において、特定行為研修に必要な臨床判断を包括的にできる知識・技術・態度を養う。
 2)患者の安全に配慮し、特定行為を適切なタイミングに倫理的かつ安全に行える能力を養う。
 3)多職種の専門性を尊重し、チームを円滑に機能させて問題解決に導くための知識・技術・態度を養う。
 4)医学的視点の強化により看護の視点に広がりをもたせ、質の高い看護実践につなげることができる能力を養う。
 
3.本会の特定行為研修の特徴
 本会の特定行為研修は、認定看護師の役割拡大を目指し認定看護師を対象としています。
特定行為実践は、特定行為研修修了者の確かなフィジカルアセスメントと臨床推論力を基礎として、自己が実施できる範囲であることを判断し、安全に行為が実施できる力を修得することが必要です。
 1)本会の特定行為研修は、共通科目すべての科目の演習・実習について、医師から直接指導を受けられるよう、内容と教育時間を充実させています。
 2)自身が所属する組織の一員として主体的に行動できる力を養うために、特定行為実践演習時間を充実させています。
   3)区分別科目実習では、安全な特定行為実践に向け自施設での実習としています。

研修受講資格
 看護師免許を取得後、通年5年以上の実務経験を有する方

研修の受講プロセス



.特定行為研修の内容
 1)講義はeラーニングで実施します。
 2)演習および共通科目実習は、愛知県看護協会において集合研修(対面または遠隔授業)を行います。
 3)区分科目実習は、受講者が研修終了後特定行為の実践が有効に行われるために、継続した指導医の指導と安全に活動する施設基盤を重要と考え、原則自施設での実習となります。
 <受講コースと定員>
受講コース定員共通科目区分別科目
必 須選 択
在宅・慢性期コース10名共通科目在宅・慢性期領域(領域別パッケージ)血糖コントロールに係る薬剤投与関連
慢性疾患管理コース5名共通科目栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連
血糖コントロールに係る薬剤投与関連

<今後の特定行為研修の内容>

教育カリキュラム

令和3年5月~11月のカリキュラム

科目
教科名
時間数*
教育方法
実施時期
特定行為研修
共通科目
〔253.75時間〕
臨床病態生理学
30
講義
演習
5月~10月
臨床推論
45.25
講義
演習
実習
臨床推論(医療面接)
フィジカル・アセスメント:基礎
45.5
講義
演習
実習
フィジカル・アセスメント:応用
臨床薬理学:薬物動態
45.25
講義
演習
臨床薬理学:薬物作用
臨床薬理学:薬物治療・管理
疾病・臨床病態概論
30
講義
演習
疾病・臨床病態概論:状況別
11.25
医療安全学:医療倫理
23.25
講義
演習
実習
医療安全学:医療安全管理
チーム医療論
23.25
特定行為実践
特定行為研修
区分別科目
〔17時間〕
栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
17時間+
実習
5症例×2
講義
演習
実習
10月~11月
合 計
253.75+
17時間
+実習
※1時間は60分として換算する

令和3年11月以降のカリキュラム

教科目名教育方法時間数
臨床病態生理学講義・筆記試験演習30
臨床推論講義・筆記試験
演習・実習
45
フィジカルアセスメント講義・筆記試験
演習・実習
52
臨床薬理学講義・筆記試験演習46
疾病・臨床病態概論講義・筆記試験演習41.5
医療安全学/特定行為実践講義・筆記試験
演習・実習
56
合計270.5



区分別科目受講時間と教育内容
在宅・慢性期コース

教科目名教育方法時間数
必須領域別パッケージ研修「在宅・慢性期」講義・演習
実技試験
筆記試験
78
・気管カニューレの交換
・胃ろうカテーテル若しくは腸ろうカテーテルまたは胃ろうボタンの交換
・褥瘡又は慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去
・脱水症状に対する輸液による補正
実習各行為
5症例
選択血糖コントロールに係る薬剤投与関連講義・演習
実技試験
筆記試験
20
インスリンの投与量の調整実習5症例



慢性疾患管理コース

教科目名教育方法時間数
必須血糖コントロールに係る薬剤投与関連講義・演習
実技試験
筆記試験
20
インスリンの投与量の調整実習5症例
栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連講義・演習
実技試験
筆記試験
19
・持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整
・脱水症状に対する輸液による補正
実習各行為
5症例
選択呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連講義・演習
実技試験
筆記試験
13
気管カニューレの交換実習5症例


教育期間及びスケジュール
教育期間 令和3年5月~令和3年11月(7ヶ月)
スケジュール
令和3年5月10日(月)         開講式・オリエンテーション
令和3年5月~10月初旬   共通科目
               ・講義(eラーニング)
               ・演習、学内実習(集合研修)
令和3年10月中旬~下旬   特定行為区分別研修 講義、演習
令和3年10月下旬~11月上旬  特定行為研修区分別実習(各実習病院)
令和3年11月下旬      修了式
 

<今後の特定行為研修の内容>

受講生募集

令和4年度春期看護師特定行為研修受講生を募集します。
 
 
1.募集人数 15名
2.受講資格
  看護師免許を取得後、実務研修期間が通算5年以上ある者
3.面接試験日程と会場
  面接日時:令和3年12月15日(水)9時30分~
  面接場所:公益社団法人 愛知県看護協会
4.受講審査料 11,000円(税込)
        振込先 三菱UFJ銀行すずかぜ支店
            普通口座1130007 公益社団法人愛知県看護協会
5.受講審査受付期間
  令和3年11月8日(月)~11月30日(火)(当日消印有効)
6.提出書類のダウンード
  (1)受講願書     (様式1)
  (2)履歴書      (様式2)
  (3)実務経験書    (様式3)
  (4)志願理由書    (様式4)
  (5)区分別実習施設情報(様式5)
  (6)写真票、受験票、受講審査料振込明細書のコピー(様式6)
  (7)看護師免許証(A4版縮小コピー)
  (8)受験票返信用封筒(定型120㎜×235㎜ 簡易書留404円切手貼付 返信宛先明記)
7.受講決定の通知
  令和3年12月24日(金)受講決定通知書の郵送をもって通知します。
8.特定行為研修受講に関するお問い合わせはこちら 
 
 

1
4
2
7
6
3
4
TOPへ戻る