本文へ移動

委員会・地区支部情報

地区支部の区域について

令和2年4月1日より、地区支部区分が県内10地区支部 → 県内13地区支部に変更されました。
 
 
地区割
名古屋東地区
守山区 名東区 千種区 昭和区
名古屋西地区 中村区 熱田区 中川区 港区
名古屋南地区 瑞穂区 天白区 南区 緑区
名古屋北地区 北区 西区 東区 中区 北名古屋市 清須市 西春日井郡(豊山町)
海部地区 津島市 愛西市 弥富市 あま市 海部郡(大治町・蟹江町・飛島村)
尾張西部地区
一宮市 稲沢市
尾張北部地区
春日井市 犬山市 江南市 小牧市 岩倉市 丹羽郡(大口町・扶桑町)
尾張東部地区
瀬戸市 尾張旭市 豊明市 日進市 長久手市 愛知郡(東郷町)
知多半島地区
半田市 常滑市 東海市 大府市 知多市 知多郡(阿久比町・東浦町・南知多町・美浜町武豊町)
西三河北部地区
豊田市 みよし市
西三河南部西地区
碧南市 刈谷市 安城市 西尾市 知立市 高浜市
西三河南部東地区
岡崎市 額田郡(幸田町)
東三河地区
豊橋市 豊川市 蒲郡市 新城市 田原市 北設楽郡(設楽町・東栄町・豊根村)

委員会・地区支部新着情報

2020-09-30
2020-09-30
2020-09-01
【医安対委】医療安全管理者交流会の開催(*ZOOMでの開催)[看護職,交流会,医療安全対策委員会]
2020-07-14

地区支部からのお知らせを掲載しています。

 地区支部の主な活動
 ( 1 )地域住民の健康及び福祉の増進に関すること
 ( 2 )看護職の質の向上に関すること
 ( 3 )地域行政及び関係団体との連携に関すること

<地域の看護職の皆さまへ>

 少子超高齢・多死社会を迎え社会制度改革により、様々な取り組みが推進されています。このような中でわたしたち看護職が確実な看護を提供するためには、地域の課題を明らかにし、適切に対処する実践能力が求められています。
 
地区支部活動に期待されること
 ・地域で従事するすべての看護職のスムーズな連携
 ・医療と介護のスムーズな連携
 ・医療圏単位で行われる活動への参加、情報共有
 ・地域包括ケアシステムを効率的に機能させること

名古屋地区支部が、名古屋看護情報共有書(看護連携サマリ)を作成しました。

皆様の施設で活用頂くことで、以下の3つが達成されることを目的としています。
(1)情報交換を円滑にし、看護ケアを継続しやすくなる。
(2)看護職間のコミュニケーションと連携を強化できる。
(3)多くの施設と情報交換する施設に勤務する看護師の負担を軽減する。
看護情報の共有にご活用ください。
 
下記からダウンロードできます。
*「1.名古屋看護情報共有書 Word形式」については、マクロ機能が含まれた文書となります。
 ・ダウンロード後、マクロを有効にしてご利用ください。(開くと有効にするかのダイアログが表示されます)
 
 ・入力できる部分を制限させて頂いております。入力可能エリアを表示したい場合は、
  Word上部リボンから「校閲」→「編集の制限」をクリックし、
  「編集可能な領域を強調表示する」をチェックしてください。
2018年 名古屋地区支部
1
1
6
1
6
6
1
TOPへ戻る