本文へ移動

男性看護師会(JUMP)

男性看護師会活動報告

第22回 日本看護管理学会学術集会で発表しました!
2018-10-04
第22回 日本看護管理学会学術集会で発表しました!
 

 
第22回 日本看護管理学会学術集会
日時:2018年8月24-25日
会場:神戸国際会議場
 
演題名「A県における看護管理者の男性看護師採用についての考え 〜病院・訪問看護ステーション・介護保険施設への質問紙調査〜」
 
 台風一過が過ぎた翌日、エレベーターが故障してしまった会場でポスター発表を行いました。昨年の日本看護学会‐看護管理‐で発表した3演題(病院・訪問看護ステーション・介護保険施設)を集計、比較して看護管理者の考え方をまとめました。
 
 発表者の富田は、「日本の男性看護師就業者数は2006年38,028人(4.7%)から2016年84,193人(7.3%)と年々増加していますが、管理者が考える男性看護師の適当比率は20%以上にのぼることが調査により明らかとなりました。まだまだ多くの施設が男性看護師を求めている状況です。これから看護師を目指される方々、すでに看護師として働いておられる方々、看護界は男性の流入を望んでいます!」と語り、発表を聞きに来られた方と、活発な意見交換を行いました。
 
 今回の学術集会のテーマは、「多様性をいかし新時代をひらく」でした。教育講演では、「マイノリティ(社会的少数者)の個々が自分の強みを発揮し合い、組織としてダイバーシティ(多様性)を用いて新しい価値を生むことが大切である」と語ってみえました。JUMPの活動はまさにこの為にあると改めて感じました。マイノリティである男性看護師が、自身の価値を肯定的に捉えて組織の中で活躍できるように、JUMPは支援していきたいと思います。
1
1
0
6
9
6
6
TOPへ戻る